住みやすい立地にある新築分譲マンションを探そう!

住みやすい立地にある新築分譲マンションを探そう!

新築住宅の防腐防蟻処理はホウ酸

このエントリーをはてなブックマークに追加

新築住宅を木造で建てるなら防腐防蟻処理を合成殺虫剤系の薬剤を使用するのではなく、ホウ酸を使用するべきだと思います。合成殺虫剤系の薬剤は防腐防蟻効果が5年ほどで無くなってしまいます。壁の内部に隠れた柱や間柱や合板などは5年後に改めて薬剤を塗布することは不可能に近いです。せっかく建てた家の壁を5年後に剥がして薬剤を塗布する人はほとんどいません。それに対して、ホウ酸による防腐防蟻効果はホウ酸がある限り半永久的に効果が持続するのです。ホウ酸の弱点である水にぬらさない条件は家の雨漏りをさせないことに通じるため、ほとんどの家では効果が長持ちすると考えられます。

しかも、合成殺虫剤系の薬剤処理による人体への影響も問題になっています。最近は床下の空間を利用して冷暖房効果を維持する構造が増えていますが、壁の内部空間も利用するため、揮発性の薬剤処理をした空気が室内に流れ込むため、人体に少なからず影響が出るのです。それに対して、ホウ酸は自然の鉱物由来のもので人畜無害なので、床下空間や壁内空間を利用する構造であっても人体に及ぼす影響は無いのです。アメリカやヨーロッパではホウ酸処理が当たり前で、合成殺虫剤系の薬剤処理は認めていないところからもその正当性が証明されています。日本もこれからはホウ酸による防腐防蟻処理が当たり前になっていくでしょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017住みやすい立地にある新築分譲マンションを探そう!.All rights reserved.