住みやすい立地にある新築分譲マンションを探そう!

住みやすい立地にある新築分譲マンションを探そう!

新築物件の子供部屋の考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て世帯に多いのが、新築で子供部屋を広くつくる世帯です。子供のために広々とした空間を用意してあげたいという気持ちもわかりますが、その必要はないでしょう。子どもの教育のことを考えると、子供部屋は狭いほうが良いです。両親の部屋よりも狭い部屋を、子供部屋にしましょう。生活する部屋の広さによって、教育にも影響してくるなんて不思議かもしれませんが、実際にそういったケースがあるので注意して部屋を割り振りしてください。狭い部屋でも自分で工夫させ、過ごしやすい空間にさせるというのが大切です。そうすれば自分の部屋に愛着ももてますし、限られた空間の中で自分なりに考えて良いものを作ろうとする力が育つでしょう。

だからといって暗くて風通しが悪い部屋はダメです。狭くても自然の光が差し込み、風が入ってくるように建てましょう。既に建てられた新築物件を購入する場合も、風の通り方や光がどの程度差し込んでくるのか、ということをチェックしておきましょう。最近はプライバシーのために部屋に鍵をつける家庭もありますが、やはりできることなら付けない方が子育てには良いです。子供のことを考えて建てたつもりが、逆に子供に良くないデザインになっていた、ということにならないように注意してください。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017住みやすい立地にある新築分譲マンションを探そう!.All rights reserved.